個人再生の第一歩!まずは無料で!!


街角法律相談所無料シュミレーター


2014年08月15日

個人再生 反対


個人再生では過半数の債権を持っている人が反対していないことが条件になります。

ここで過半数の債権者が反対すると個人再生の計画認可が下り無くなってしまいます。

個人再生では弁護士とよく相談の上で最善の方法をとることが望ましいです。






【個人再生 反対の最新記事】
posted by 個人再生 at 12:52| Comment(0) | 個人再生 反対

2014年08月08日

個人再生」の先頭へ